偏波分離器

- Polarization Divider -


商品説明


・偏波分離器 偏波分離器とは、右旋円偏波と左旋円偏波を分離できる製品です。
詳しくはシステム概要をご覧ください。
天体観測において重要である楕円偏波の扁平率などの解析が可能です。

本製品は金属だけで構成されているため極低音(~1K)領域での使用が可能です。

当社では導波管の長さ、材質、管の厚さなどお客様のご要望に応じて自由に変更し製作することが可能です。
製品に関するご質問、ご相談はお問い合わせ、またはお電話(0422-52-0167)にてご連絡ください。特注も承っておりますので、是非ご相談ください。
【製品完成例】WR28偏波分離器 【製品完成例】WR28偏波分離器 【製品完成例】WR28偏波分離器
性能例 (WR28)
透過周波数 30GHz ~ 34GHz
挿入損失 0.6dB
アイソレーション 30dB

システム概要


円形導波管がport1、それが分岐してport2とport3がある。port1に円偏波を入力すると偏波の回転方向によってport2かport3から出力される。可逆である。詳しくは表を参照。
入力port 入力偏波 出力port 出力偏波
Port1 右旋円偏波(時計回り) port2 直線偏波
Port1 左旋円偏波(逆時計回り) port3 直線偏波
Port1 直線偏波 port2 & port3 直線偏波
Port2 直線偏波 port1 右旋円偏波(時計回り)
Port3 直線偏波 port1 左旋円偏波(逆時計回り)

対応表


製品に関するご相談はお問い合わせ、または0422-52-0167までご連絡ください。
導波管サイズ 透過周波数
(GHz)
フランジ
WR 内径(mm)
A × B
口径(mm)
φ
WR-28 7.110×3.560 φ6.35 26.5 - 40.0 UG381,UG599
WR-22 5.690×2.850 33.0 - 50.5 UG383
WR-19 4.780×2.390 40.0 - 60.0 UG383
WR-15 3.759×1.880 50.5 - 75.0 UG385
WR-12 3.100×1.550 60.0 - 90.0 UG387
WR-10 2.540×1.270 75.0 - 110 UG387
WR-8 2.030×1.020 90.0 - 140 UG387
WR-6 1.651×0.825 110 - 170 UG387P
WR-5 1.295×0.648 140 - 220 UG387P
WR-4 1.092×0.546 170 - 260 UG387P
WR-3 0.864×0.432 220 - 330 UG387P

図面


偏波分離器(WR28の場合)

port1の口径がφ、port2,3の口径がA×Bです。

フランジ

UG381,383はフランジの径がφ28.58。UG385,387はφ19.05。UG387-Pはφ19.05でピン穴が2つ増えます。UG599は角フランジで□19.05です。
もどる